関節の元気のために。グルコサミンの効果的な利用方法

関節の元気のために。グルコサミンの効果的な利用方法

関節の健康に必要な成分とは

グルコサミンは、雑誌やテレビコマーシャルなどで、膝痛の改善に効果があると紹介されることの多い成分です。複数の種類があるアミノ酸のひとつで、体を円滑に機能させるために必要な成分です。膝の軟骨を柔軟に維持するために不可欠ですが、膝の関節だけでなく、爪、じん帯にも存在しています。本来は、不足によって体の機能に不調が起こらないように、体内で生成されるものなのですが、加齢、ストレス、過度の肥満、運動不足など様々な要素が加わることで、生成力が低下すると膝痛などの症状を起こします。膝関節の動きに不安を感じたらグルコサミンを補うと、スムーズな動きを維持しやすくなります。

グルコサミンの効能とグルコサミンサプリメントランキング
グルコサミンコンドロイチンランキング決定版
xn--nckfbkk6wocm9ebb.com

グルコサミンには種類がある

グルコサミンは、主成分によって4つのタイプがあります。良く知られているのはカニの甲羅やエビの殻から抽出したものですが、抽出の方法によって2種類あります。サプリメントに多く利用されているのは硫酸で加水分解したもので、分子が比較的大きいのが特徴です。もうひとつは、塩酸を用いて加水分解したもので分子を小さくできるので、体内に吸収されやすいのが特徴です。ただし、このタイプは医薬品なので、サプリメントには配合されることはありません。他に、植物由来の発酵グルコサミンがあります。これは、植物と微生物を発酵させて生成したものです。4つ目は天然型で、体内に存在しているのがこのタイプであり、Nアセチルグルコサミンと呼ばれています。分子量が最も小さく、体内への吸収率が高いです。

健康と美容に効果を発揮する理由

よく知られているグルコサミンの効果は、関節痛の改善です。新陳代謝を活性化させるので、関節の動きを滑らかにして十分な可動域を維持しやすくなります。加齢などによって関節の間でクッションの役割をしている軟骨がすり減ると、痛みを発症し、日常生活に支障をきたすこともあります。そのため、体の内外から補うことで年齢を重ねても活動的な日常生活が可能です。医療用グルコサミンは変形性関節痛などの治療に用いられていますし、膝を酷使するスポーツをしている人や老化現象による膝関節などの不調予防として、食事療法やサプリメントなどを取り入れるケースが増えています。関節以外では、血行促進にも効果を発揮します。健康のためには血液の状態が大きくかかわっています。血管の中をスムーズに流れることで、栄養が体の隅々に十分に行き渡るので、サラサラの状態に維持することが大切です。グルコサミンには血液サラサラの効果もあります。そして、美容にも不可欠な成分でもあります。肌の潤いに不可欠な水分の保持には、ヒアルロン酸、コラーゲンが必要で、グルコサミンにはこれら成分の生成をサポートする効果を持っています。

体内の生成率が減少するのはいつから

体内のグルコサミンの生成力は主に加齢によって減少します。一般的には20歳くらいまでは生成力は保たれますが、20代を過ぎると少しずつ生成力が減少し、40代を境に急激に下降線をたどると考えられています。これによって、軟骨の弾力が失われてすり減った状態となります。たとえば階段の上り下りに痛みをおぼえたり、散歩程度の歩きでも不便を感じるなど、歩きに不可欠な膝に大きな負担がかかるようになります。特に多い疾患として変形性関節症があります。50代後半から70代にかけて多く発症し、80代になるとほとんどの人が膝に何らかの違和感をおぼえています。

膝痛を改善して元気に過ごすには

関節などの痛みは加齢に加えて肥満も大きな原因となるので、メタボリックシンドロームに対する注意も必要です。バランスの良い食事、適度な運動を心がけることで、症状が出始める時期を遅らせることができます。ただ、痛みなどの不調が起こっている状態からでは、食事のみによる改善は難しく、病院での装具による治療、薬物による治療が用いられますが、予防策やサポートアイテムとしてサプリメントも利用されています。

高麗人参サプリ完全ガイド
高麗人参サプリメントの効能