グルコサミンとは

グルコサミンとは

グルコサミンはアミノ酸のひとつ

サプリメントの主成分として配合されているグルコサミンは、簡単に言えばアミノ酸のひとつで、カニの甲羅やエビの殻などから抽出されたものがほとんどです。同様の成分は人間の体内で生成されていて、大部分が軟骨成分として働いているのですが、脳、血管、肌細胞などにも含まれていて、保湿力、弾力性、柔軟性を保つために使われています。しかし、年齢を重ねるにしたがって体内での生成力は低下し、軟骨の弾力が減少することから、若いころのような動きができにくくなります。

どうしてサプリメントで補うのか

グルコサミンが体内に不足した状態のまま放置すると、関節に痛みを感じたり、スムーズな動きができにくくなります。酷くなると日常生活が制限される人も少なくありません。体内にグルコサミンが不足するのなら、何らかの方法で補うという方法があります。カニの甲羅、エビの殻などあまり食材とはならない部分に多く含まれているので、食事から摂取するのは現実的とは言えません。深刻な症状でない場合にはサプリメントが手軽です。関節だけでなく、肌や血管などの健康維持にも役立ちます。

サプリメントの効果はあるか

膝の痛みにはグルコサミンが効果的という考え方が浸透しつつあるため、膝に違和感をおぼえ始めるとグルコサミンを主成分としたサプリメントを利用する人は多いです。サプリメントなら体内に吸収されやすい形状になっていますし、体内でよりよく働けるようなサポート成分も配合されているので、確実な効果が期待できます。具体的な効果に関しては、世界中の研究者やサプリメント製造メーカーが臨床実験を重ねていて、グルコサミンを摂取した場合の方が、軟骨成分の減少が少ないという結果が報告されています。一度すり減った軟骨成分は短期間で元通りにすることは難しいですが、継続して飲み続けることで不快な症状を改善することは可能です。症状が出る前、あるいは初期症状のうちから飲み始めれば、行動範囲を制限される不安や心配を軽減できます。