グルコサミンによる副作用の可能性

グルコサミンによる副作用の可能性

サプリメントは飲み続けることがポイント

グルコサミンに限らず、サプリメントは最低でも3カ月は飲み続けないと、美容や健康への効果が実感できにくいと言われています。サプリメントは健康補助食品で、購入や利用に規制はなく、天然素材を主原料としているものがほとんどです。特にグルコサミンは、もともとは体内で生成されている成分で、加齢やストレスなどで不足すると関節痛などの体調不良が発症します。体調の改善のためには、継続して利用することを推奨しているので、医薬品と違って効果が緩やかで、用量・用法を守っていれば副作用のリスクは限りなく低いと考えられます。

副作用が心配なのはアレルギー

グルコサミンは本来は体内で生成される成分ではありますが、サプリメントを利用して補う場合には副作用のリスクのある人がいます。グルコサミンのサプリメントは主原料をカニの甲羅やエビの殻を使用しているものがほとんどです。そのため、甲殻類に対するアレルギーを持っている人は注意が必要となります。どうしても、グルコサミンを補給したいという場合には、植物由来の原材料からグルコサミンを生成している製品を利用することですが、利用前に専門医に相談をした方が安心です。

甲殻類アレルギー以外の副作用の可能性

グルコサミンのサプリメントは、飲む時間やタイミングについて特に規定がありません。寝起きでも、就寝前でも、飲み忘れのない時間を設定して飲めば問題はありません。しかし、空腹時や規定量以上の量を飲んだ場合、胃腸が弱い人は吐き気や消化不良の症状を起こすこともあります。一過性のものなので、特に心配することはありませんが、不快な症状を起こさないためには、食後に飲むようにするなどの工夫が必要です。また、糖尿病の持病を持っている人は注意が必要です。グルコサミンによって血糖値が上昇しやすくなることが報告されています。病院から薬を処方されている人は、担当医や薬剤師への相談が必要です。