グルコサミンのサプリメントを飲んだ方がいい人とは

グルコサミンのサプリメントを飲んだ方がいい人とは

グルコサミンはすべての人が減少する

本来は体内で生成されてきた成分は、加齢や生活環境によって急激に生成力が衰えます。女性にとってはコラーゲン、ヒアルロン酸などが急激に減少すると、美容面で深刻な状況に陥る可能性があるためアンチエイジングを行います。グルコサミンの体内での減少も老化現象のひとつです。個人差があるので年齢は一定ではありませんが、全ての人の体内から減少します。平均的なケースでは、20代で乳幼児の約半分にまで減少し、40代から50代で約2割しか残っていないと言われています。

軟骨成分がすり減るとどうなるか

グルコサミンは軟骨成分で関節の間のクッションの役割をしているので、不足したままでいると、変形性膝関節症などの疾患にかかる可能性があります。軟骨がすり減るだけでなく、骨が変形することもあります。主な原因のひとつは加齢ですが、骨折などの外傷や関節炎などの炎症から発症することもあります。初期のうちは、膝がこわばった感じがして、スムーズな歩き出しができなくなります。また、階段の上り下りに痛みを伴ったり、長時間の立ち仕事が苦痛になります。痛みを我慢していると日常生活が制限されるので、早い段階で専門医の診断を仰ぐことが必要です。

グルコサミンはいくつから飲み始めるのが良いのか

軟骨のすり減りは加齢によって発症率が高くなり、変形性膝関節症は60歳を過ぎると女性の約4割が発症し、男性でも約2割が膝に違和感をおぼえています。80歳を超えると、男女とも5割から6割の人が膝の軟骨がすり減って、スムーズな歩きがしにくい状態になります。この傾向は男性よりも女性の方が顕著で、筋肉量が少ない、下半身のゆがみを起こしやすいのが原因として考えられます。また、加齢以外では、立ち仕事をする時間が長い、ハードなスポーツを日常的にしているなど、膝に過度な負荷をかける生活をしている人は、自覚症状がなくてもグルコサミンのサプリメントを早い段階から飲み始めたほうが、年齢を重ねてからより効果を得やすいです。